広告

サンノートA4リフィールコレクションシール用使用感レビュー

2023年10月11日

サンノートA4リフィールコレクションシール用使用感レビュー
mico

こんにちは。mico(@micos_journal)です!

お菓子とかのおまけの正方形の小さなステッカーを収納したいのですが、何かいい方法はありますか?

迷えるオタク
mico

基本的に当ブログではA4バインダーでのグッズ収納をおすすめしているので、セリアで購入可能なサンノートA4リフィールコレクションシール用という20ポケットのリフィルを使うのがおすすめですね

お菓子などのおまけについている、正方形の小型ステッカー。

小さいグッズなのでそのまま持っていると紛失したり折れたりしてしまうので、ファイルに収納して見返しやすくしてみましょう

本記事で紹介するのは、サンノートA4リフィールコレクションシール用というセリアで購入できる20ポケットの大容量リフィル。

実際にステッカーを封入した様子を紹介しているので、お買い物の参考にどうぞ!😊

サンノートUV85%カットA4リフィールコレクションシール用詳細と外観

サンノートA4リフィールコレクションシール用は、小型の正方形ステッカーに丁度いいA4サイズ30穴の20ポケットリフィルです。

UV85%カットA4リフィールコレクションシール用20P5枚
商品名UV85%カットA4リフィールコレクションシール用20P5枚
リフィルサイズ約横248mm×縦302mm
ポケット内寸約横57mm×縦54mm
入枚数5枚
バインダー穴数A4 30穴
販売元サンノート株式会社

シリーズ商品に共通の透明度が高い素材が使われていますが、やや薄手な印象です。

素材感

ポケットは上入れ(トップイン)のため、中に入れるステッカーによっては中身が滑り落ちやすいというデメリットも。

トップインポケット

リフィルの横幅がやや大きめの変形サイズのため、一般的なA4サイズのバインダーに入れると横が少しはみ出します

ややはみ出すリフィルサイズ
画像内で使用しているのは、リヒトラブG-1280
mico

横がはみ出してしまうため、ワイド版に対応したバインダーを使うなどの工夫が必要です

雑誌やクリアファイルの収納にハピラA4ワイド対応コレクションバインダーがおすすめ
雑誌やクリアファイルの収納にハピラA4ワイド対応コレクションバインダーがおすすめ

様々なポケット数の商品が展開されているシリーズなので、お好きなリフィルを組み合わせてファイリングすることができます。

サンノートUVカットリフィルシリーズ
mico

使うもリフィルは人によって異なるとは思いますが、基本的なポケット数のリフィルは揃っているので他社商品と組み合わせるのが苦手という方にはおすすめのシリーズですね

サンノートUV85%カットA4リフィールコレクションシール用へのグッズの封入例

mico

グッズの参考サイズも併せて記載しているので、定規などを使ってお持ちのグッズのサイズを確認してみてくださいね

ビックリマンシール

封入サイズ 縦48mm×横48mm

スリーブなしでステッカーを封入していますが、ポケットの内寸よりもステッカーが大きいため中身が飛び出しやすいと感じました。

スリーブなしステッカー封入例
mico

スリーブなしの状態で封入すると中身がほぼ飛び出すので、スリーブをしてからの封入を強くおすすめします

ビックリマンシール(スリーブ入り)

封入サイズ 縦55mm×横55mm

使用しているスリーブは同じサンノートから販売されている、PPクリアポケットコレクションシールサイズ80枚入りです。

スリーブ入りステッカー封入例

内寸がポケットサイズにぴったりなので、スリーブに入れてから封入する方が中身が飛び出しにくくなるのでおすすめです。

mico

中身の飛び出しのストレスを減らすためにも同じ100均商品で買える、ミニサイズのスリーブを是非つかってみてください!

グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル

【オタク向け】グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル
迷えるオタク

おすすめのスリーブとリフィルは揃ったけど、全部をまとめて収納できるバインダーのおすすめも知りたいです

グッズ量などに応じて最適なバインダーファイルは異なるので一概には言えませんが、詳しくまとめた記事を是非ご覧ください

mico

せっかくスリーブとリフィルが揃っても、すべてを収納できるバインダーが無ければ始まりませんよね😅

オタク向けのグッズ収納におすすめなA4バインダーファイルについては下記ページで詳しく紹介しているので御覧ください👇

【オタク向け】グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル4選
【オタク向け】グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル4選

できれば気を配りたいグッズの取り扱い方法について

うたかた本舗のOPP袋90mm幅ぴちぴちタイプのデメリット

自宅で収納を行う場合は、グッズへの指紋がつくことを防ぐために写真取り扱い用の手袋を使用することをおすすめします。

特にトレーディンググッズの場合は人手に渡ることも考えて、取り扱いに注意を払うことでお取引や交換のトラブルを未然に防ぐことができます

そこでトレカやブロマイドの取り扱いにおすすめなのが、ハクバ「P-80M 編集手袋 M」という写真取り扱い用の手袋です。

ハクバ「P-80M 編集手袋 M」
商品名P-80M 編集手袋 M
サイズM/Lサイズ
外寸85mm×230mm
販売元ハクバ写真産業株式会社
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

100円ショップなどの美容コーナーにも白手袋の取り扱いがありますが、薄手で穴が開きやすいというデメリットもあるので、丈夫な写真用の手袋を選ぶのもいいかと思います

両方使用してみて、爪が長い方でも破れにくいのは写真専用という印象でした😌

【編集手袋P-80Mレビュー】大切なグッズの取り扱いに必須ハクバの写真用手袋
【編集手袋P-80Mレビュー】大切なグッズの取り扱いに必須ハクバの写真用手袋
mico

交換前提のグッズに関しては、自分が気にならない範囲というものを相手に押し付けないように気を配りたいところですね

サンノートUV85%カットA4リフィールコレクションシール用のまとめ

セリアで取り扱いのある、サンノートA4リフィールコレクションシール用は小型サイズのスクエアステッカーの収納におすすめな20ポケットリフィルです。

収納するグッズのサイズにもよりますが、内寸よりも小さいものを入れる場合は同社のスリーブをセットで使用すると滑り落ち防止ができておすすめです。

mico

リフィルのサイズがA4変形のため、組み合わせることができるバインダーを探すのが難しいところですが、以下商品など是非参考にしてみてください

雑誌やクリアファイルの収納にハピラA4ワイド対応コレクションバインダーがおすすめ
雑誌やクリアファイルの収納にハピラA4ワイド対応コレクションバインダーがおすすめ

本記事以外にも、推しのいる日常をテーマに、Youtubeチャンネル「mico’s journal」にて様々な動画を更新しているので、動画も是非併せてご覧ください!