広告

ダイソー硬質カードケースB7サイズ写真つき使用感レビュー

ダイソー硬質カードケースB7サイズ写真つき使用感レビュー
mico

こんにちは。mico(@micos_journal)です!

100均で写真サイズ用の硬質ケースを買おうと思うのですが、近くにあるのがダイソーなのでダイソーのもので大丈夫ですか?

迷えるオタク
mico

どこの100均の硬質ケースを使っても大きな差はありませんが、ダイソーの硬質ケースは少し白っぽく透明度が高いので色味を気にする方には特におすすめですね

100均硬質ケースにはサイズやホログラム、UVカット、柄付きなどなど様々な商品が販売されるようになりました。

一番シンプルな透明の硬質ケースでも、実は少しだけ違いがあるのはご存知ですか

比較しなければわからない違いなので、使っていて不便に感じることはないと思いますが、透明度にこだわりたい方にはダイソーオリジナルの硬質カードケースB7サイズがおすすめ

類似商品との違いや、実際の使用感などを写真つきで紹介しているので、お買い物の参考にどうぞ!😊

ダイソー硬質カードケースB7サイズ詳細と外観

ダイソーの硬質カードケースB7サイズは、L版写真やB7サイズに丁度いいダイソーオリジナルの硬質ケースです。

硬質カードケースB7サイズ
商品名硬質カードケースB7サイズ
取り扱いショップダイソー
外寸約横140mm×縦98mm
内寸約横94mm×縦135mm
入枚数3枚
販売元株式会社大創産業

同じ100均の硬質ケースであるセリアB7硬質カードケースと比べると、ダイソーのものの方が白く透明度が高いです。

100均硬質ケースの色味の違い
左:セリア、右:ダイソー
【オタク必携】ブロマイドや公式写真の持ち運びに!セリアB7硬質カードケース
【オタク必携】ブロマイドや公式写真の持ち運びに!セリアB7硬質カードケース

セリアB7硬質カードケースとは枚数もサイズもほとんど同じで、商品として大きな違いはほぼありません

セリアの同等商品との比較

ダイソーの硬質ケース売場には「軽量タイプ」(ラベルが青)と記載がある商品が一緒に並んでいることがありますが、こちらはペラペラのシート素材なので、一般的な硬質ケースと呼ばれるものは「フチあり」(ラベルが水色)と記載があるものになります。

二種類ある硬質ケース

ご覧の通り強度が全く違う商品なので、厚みのある「フチあり」の方を購入するようにしましょう

硬質ケースと軟質ケースの違い
全然別物の硬質ケース(左)と軟質ケース(右)
mico

硬質ケースの素材の色味に関しては、二枚比べない限りは気にならない範囲だと思うので、店舗が近いなど利便性優先で選んで問題ないと思います

ダイソー硬質カードケースB7サイズへのグッズの封入例

mico

グッズの参考サイズも併せて記載しているので、定規などを使ってお持ちのグッズのサイズを確認してみてくださいね

L版写真サイズ(91mmスリーブ使用封入)

封入サイズ 縦130mm×横91mm

セリアやダイソーで取り扱いのある写真袋L版ぴったりサイズに封入した写真を封入した様子です。

91mmスリーブ封入例

ベーシックな硬質ケースなので、L版写真が問題なく封入ができています

100均おすすめブロマイド用高透明スリーブ 写真袋L版ぴったりサイズ
100均おすすめブロマイド用高透明スリーブ 写真袋L版ぴったりサイズ

L版写真サイズ(90mmスリーブ使用封入)

封入サイズ 縦130mm×横90mm

うたかた本舗OPP袋90mm幅ぴちぴちタイプスリーブに封入した写真を封入した様子です。

90mmスリーブ封入例

こちらも同じくL版写真が問題なく封入ができています

うたかた本舗OPP袋90mm幅ぴちぴちタイプスリーブレビュー!写真収納におすすめ
うたかた本舗OPP袋90mm幅ぴちぴちタイプスリーブレビュー!写真収納におすすめ

グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル

【オタク向け】グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル
迷えるオタク

おすすめのスリーブとリフィルは揃ったけど、全部をまとめて収納できるバインダーのおすすめも知りたいです

グッズ量などに応じて最適なバインダーファイルは異なるので一概には言えませんが、詳しくまとめた記事を是非ご覧ください

mico

せっかくスリーブとリフィルが揃っても、すべてを収納できるバインダーが無ければ始まりませんよね😅

オタク向けのグッズ収納におすすめなA4バインダーファイルについては下記ページで詳しく紹介しているので御覧ください👇

【オタク向け】グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル4選
【オタク向け】グッズ収納におすすめのA4サイズ4リングバインダーファイル4選

できれば気を配りたいグッズの取り扱い方法について

うたかた本舗のOPP袋90mm幅ぴちぴちタイプのデメリット

自宅で収納を行う場合は、グッズへの指紋がつくことを防ぐために写真取り扱い用の手袋を使用することをおすすめします。

特にトレーディンググッズの場合は人手に渡ることも考えて、取り扱いに注意を払うことでお取引や交換のトラブルを未然に防ぐことができます

そこでトレカやブロマイドの取り扱いにおすすめなのが、ハクバ「P-80M 編集手袋 M」という写真取り扱い用の手袋です。

ハクバ「P-80M 編集手袋 M」
商品名P-80M 編集手袋 M
サイズM/Lサイズ
外寸85mm×230mm
販売元ハクバ写真産業株式会社
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

100円ショップなどの美容コーナーにも白手袋の取り扱いがありますが、薄手で穴が開きやすいというデメリットもあるので、丈夫な写真用の手袋を選ぶのもいいかと思います

両方使用してみて、爪が長い方でも破れにくいのは写真専用という印象でした😌

【編集手袋P-80Mレビュー】大切なグッズの取り扱いに必須ハクバの写真用手袋
【編集手袋P-80Mレビュー】大切なグッズの取り扱いに必須ハクバの写真用手袋
mico

交換前提のグッズに関しては、自分が気にならない範囲というものを相手に押し付けないように気を配りたいところですね

ダイソー硬質カードケースB7サイズのまとめ

ダイソーの硬質カードケースB7サイズは、定番の写真やブロマイドサイズに対応した透明硬質ケースです。

セリアの商品同種の商品と比較すると、白っぽい素材が使われているので、透明度にこだわりがある方に特におすすめ

並べて比較しないと素材の違いはほとんど気にならない範囲だと思うので、入手のしやすい店舗の商品をお求めになるのがベストかと思います。

mico

素材の色味の違いは多少ありますが、最終的には入手のしやすい店舗の商品で問題ないかと思います!

硬質ケース関連のまとめ記事を用意しているので、よろしければご参考にどうぞ!😊

本記事以外にも、推しのいる日常をテーマに、Youtubeチャンネル「mico’s journal」にて様々な動画を更新しているので、動画も是非併せてご覧ください!