【オタク必見】クリアファイルや雑誌収納に最適な「ハムデリーバインダー」三種レビュー

2022年3月18日

【オタク必見】クリアファイルや雑誌収納に最適な「ハムデリーバインダー」三種レビュー
mico

こんにちは。mico(@micos_journal)です!

A4サイズより少し大きいアイドル雑誌や女性誌などの雑誌の切り抜きやクリアファイルなど…オタクのみなさんはどうやって収納していますか?

雑誌やクリアファイルが普通のA4ファイルに入らなくて困ってます!

迷えるオタク

A4サイズより少し大きいため、A4専用のファイルには収納できずファイルやリフィルにお困りの方もいらっしゃるかと思います

先日の記事「【Amazon購入品】最近買ったグッズ収納&推し活に使えるアイテム7点紹介」の中でも先行で購入品として紹介済みですが、リフィルやバインダー互換を含めていろいろ調査してみたので、クリアファイルや雑誌の収納にお悩みの方の参考になれば幸いです。

こんな人におすすめ

  • MYOJOやポポロなどのアイドル誌や女性誌などのA4ワイド版雑誌の収納にお悩みの方あああああ
  • クリアファイルの収納をどうにかしたい方
  • ハムデリーのバインダーの購入検討をしている方

この記事を読めば、クリアファイルや雑誌の収納のヒントが見つかるかもしれません‼

雑誌やクリアファイルの収納ができる「ハムデリーのA4変形バインダー」について

迷えるオタク

ハムデリーのバインダーって何?

Amazonなどで取り扱いのある、リフィル式のA4変形バインダーシリーズです

mico

今回まとめてレビューするのは「A4変形ワイドバインダー」「クリアファイル収納ホルダー」「A4ワイドロングバインダー」の三種になります。

名前を見ただけでは違いがわかりづらいので、各バインダーの簡単な比較表を用意しました。ハムデリーのA4変形バインダー三種

Amazonなどで販売されていて、それぞれ価格変動はありますがだいたい1300円~1500円前後で購入することができます。

バインダーと一緒にリフィルが30枚づつセットになっているので、このまますぐ使うことも出来ますし、リフィル単体で購入することもできます

バインダーの価格は「A4変形ワイドバインダー」が一番安く設定されていますが、別売りのリフィルの価格は100枚入りではすべて同じになります(※調査日の時点ではワイドロングの50枚入りのみ価格が異なりました)。

①A4ワイド版雑誌収納なら「A4変形ワイドバインダー」

ハムデリーA4変形ワイドバインダー
商品名A4変形ワイドバインダー
サイズ約横300mm×縦315mm×34mm
販売元ハムデリー

MYOJOやポポロなどのアイドル雑誌、ananやViViなどの女性誌を収納するためのマガジンサイズのバインダーです。

マガジンファイルはキングジムのワイド版バインダー「クリアーファイルマガジン差替式」が一番有名な商品かと思いますが、このハムデリーの「A4変形ワイドバインダー」はバインダーとリフィルのサイズがキングジムとほぼ同じです。

そのためキングジムのバインダーにハムデリーのリフィル、ハムデリーのバインダーにキングジムのリフィルを入れても問題なく使うことができます

リフィルに関してはキングジムは表面がざらざらしていて、ハムデリーの方は光沢がありつるつるしているので、個人的に雑誌の切り抜きを入れた時はハムデリーの方が見やすいと感じます。

mico

50枚単位でリフィルを購入した場合の単価が7円程違うので、キングジムと比較してリフィル単価を抑えたい方は十分検討ができるかと思います。

A4ワイド版雑誌の収納については、過去動画「【雑誌収納】オタクを悩ませるちょっと大きい雑誌 A4ワイド版収納ファイル9種徹底比較!」で詳細なレビューをしているので、よろしければ下記動画もご覧ください。

②クリアファイル収納なら「クリアファイル収納ホルダー」

ハムデリークリアファイル収納ホルダー
商品名クリアファイル収納フォルダー
サイズ約横274mm×縦325mm
販売元ハムデリー

続いては新商品の方「クリアファイル収納ホルダー」です。サイズはセリアなどで取り扱いのある「マイコレバインダーシリーズ」とだいたい同じサイズで、先程の「A4変形ワイドバインダー」と比べると高さが高く、代わりに横幅が狭くなっています。

A4サイズのクリアファイルを収納するためにはバインダーの高さを高くする必要があるため、通常のA4サイズのバインダーと比べると数センチ高さが高く作られているのが、クリアファイルを収納できるファイルやバインダーの特徴です。

真っ白な不透明表紙もかなりしっかりしていて、他のA4バインダーと横に並べた時にバインダーが飛び出さないのところもとても好感触でした。

他にもワイド版サイズを試しにリフィルに入れてみましたが、横幅も少し余裕がありつつ上の部分に1cm程余白が出来ますが収納することができます。ワイド版リフィルの真ん中部分の余白が気になる方はこちらで流用することも出来るかと思います。

クリアファイル収納ホルダーにA4ワイド版を入れてみたところ
上部に1cm程余白はできますが、横幅はぴったりです(ただし雑誌によって数ミリ差はあるのでものによる)

ちなみに今後A4サイズのクリアファイルの収納に使おうと思い、以前まで使っていたマイコレバインダーからすべて移し替えしてみましたが、バインダーの金具が金属製でリング経がマイコレバインダーより大きいので、クリアファイルを50枚近く入れてもきれいに収納することができるので、ここはやはり30穴バインダーの魅力かと思います。

専用のリフィルは50枚入りの場合は一枚30円以下と、マイコレバインダーの専用リフィルと比較すると3倍近くしますが、ワイド版程消費ペースが速くないこととリフィルの透明度に対する満足度が高いので、A4クリアファイルの収納はこちらのバインダーをメインで使っていこうかと思います。

A4サイズやA5サイズのクリアファイルなど、オタク向けクリアファイルの収納は「【現役オタクがおすすめする】失敗しないクリアファイル収納方法4選」にて詳しく紹介しています!

こちらもCHECK!
【現役オタクがおすすめする】失敗しないクリアファイル収納方法4選
【現役オタクがおすすめする】失敗しないクリアファイル収納方法4選

③雑誌もクリアファイルもまとめて収納するなら「A4ワイドロングバインダー」

ハムデリーA4ワイドロングバインダー
商品名A4ワイドロングバインダー
サイズ約横304mm×縦325mm×幅34mm
販売元ハムデリー

3つめが「A4ワイドロングバインダー」という、初めて見るサイズの変形バインダーです。

A4変形ワイドバインダー」と「クリアファイル収納ホルダー」とバインダーサイズを比較するとわかりやすく、横長なのが「A4変形ワイドバインダー」縦長が「クリアファイル収納ホルダー縦にも横にも長い三種類の中で一番大きいものが「A4ワイドロングバインダーとなっています。

ハムデリーバインダーのリフィルサイズ比較

ここまでで紹介した「A4変形ワイドバインダー」と「クリアファイル収納ホルダー」用のリフィルをそれぞれ入れてみました。

バインダーを閉じても、どちらのリフィルがはみ出ることはありません

A4ワイドロングバインダーリフィルに入れたクリアファイルとワイド版
クリアファイルもワイド版も入るけど…どっちも余白が出てしまう

つまり、この「A4ワイドロングバインダー」という規格は横幅はワイド版リフィルとほぼ同じ、縦幅はクリアファイルリフィルとほぼ同じという、両方のサイズに対応したある意味いいとこどりのバインダー規格になっています。

それぞれに専用バインダーが分かれるのが困るという方や、乗り換えを検討している方などにとっては、変形サイズのリフィルをいろいろ混ぜてもバインダーに収まるというのはメリットかと思います。

ただ、どの変形規格にも対応するために、リフィルが何を入れても大きいというのもデメリットに感じました。

またバインダー本体も色々なA4サイズ、及び変形サイズのバインダーと比較しても縦にも横にも大きいため、収納する際の本棚の奥行きと高さを選んでしまうかなとも思いました。

ハムデリーA4変形バインダーどれを購入すればいいの?

A4変形ワイドバインダーがおすすめな方

女性誌などのA4ワイド版を収納したいという方は基本的には「A4変形ワイドバインダー」をおすすめしますが、単純にワイド版のみを収納したいという場合は過去動画内で紹介したポケット型ファイルや他のバインダー類とよく比較検討してから最適なものを選ぶのがいいかと思います

セリア極薄マガジンファイル
セリアから爆誕した極薄マガジンファイル(110円)
商品名スリムマガジンファイル20P
外寸約横262mm×縦310mm
ポケット内寸約横246mm×縦297mm
販売元サンノート株式会社

以前の動画から価格などの条件が変わったりもしている部分もありますし、セリアから最近発売された「スリムマガジンファイル」という100均ワイド版ファイルの唯一の欠点だった背幅を克服した商品も販売されているので、過去動画含めて総合的に検討していただければと思います。

クリアファイル収納ホルダーがおすすめな方

クリアファイル収納ホルダーがおすすめな方
大容量で高透明なのでクリアファイル収納にはかなりおすすめ

続いて「クリアファイル収納ホルダー」ですが、こちらは既にバインダーやポケット型ファイルなどでA4クリアファイルを収納している方で、もっとしっかりした収納バインダーをお探しの方に特におすすめです。

クリアファイルは雑誌の切り抜き程リフィルを消費しないので、リフィル単価はワイド版よりは気にならないかと思います。

また裏技的ではありますが、ワイド版の収納もこちらのバインダーとリフィルで行ってしまうというのもありかと思います

【現役オタクがおすすめする】失敗しないクリアファイル収納方法4選
【現役オタクがおすすめする】失敗しないクリアファイル収納方法4選

A4ワイドロングバインダーがおすすめな方

最後に「A4ワイドロングバインダー」ですが、こちらに関しては現時点では正直かなり人を選ぶという印象です。大は小を兼ねるで、大きめのバインダーで全て統一したいなどの理由がない限り、「A4変形ワイドバインダー」もしくは「クリアファイル収納ホルダー」を選択するのが現状はベストと感じました。

ただ、今後この大きめのバインダーサイズを活用した、その他のリフィルが出る可能性もゼロではない気はするので、マイコレバインダーのようないろいろなグッズ類が収納できる収納バインダーシリーズとして展開する可能性に個人的には期待しています。

 「ハムデリー」のバインダーをちょっとお得に購入する方法

mico

アマゾンや楽天でのセールのタイミングで価格の変動があるので、まとめ買いを考えている方は購入する時期を選ぶというのもいいかと思います

動画で見る「クリアファイルやA4ワイド版の収納に最適なハムデリーA4変形バインダー三種レビュー」

本記事はYoutubeチャンネル「mico’s journal」にてブログと同時に同内容の動画を公開しています。是非こちらもご利用ください😊

\ グッズ収納総まとめ /
⬇基本的なグッズ収納方法はこちら⬇

おすすめ収納記事

まとめ記事を読む